効果的なポケットティッシュの配り方

効果的なポケットティッシュの配り方

日本人の生活に欠かせないアイテムの一つが、ポケットティッシュです。
日常的に街頭やお店の前、駅前など、さまざまな場所で無料配布をされているのを目にすることがありますが、
無料配布されている販促用のポケットティッシュは、各企業の販促活動や企画力が試される
非常に興味深い活動といえるでしょう。
 
以下では、ポケットティッシュを無料配布する際に注意したい「配り方」を中心に、色々とご紹介しています。
 
1.ポケットティッシュの配り方で得られる効果
企業にとっては、ポケットティッシュを無料配布すること自体、それなりに費用が発生することから、
何がなんでも販促効果を高めたいというのが一番の願いです。
 
ポケットティッシュは、ほかの販促用(ノベルティ品)に比べる非常に効果が高く、
何より消費者が手に取りやすいというメリットがあります。
 
1-1.企業の宣伝効果が上がる
ポケットティッシュの配り方によっては、「企業の宣伝効果が上がる」可能性があります。
ここで一つ、例をご紹介します。
 
ポケットティッシュの無料配布を担当するのは、主に会社の担当者や日雇いのアルバイトです。
例えば、スタッフAは愛嬌がよく、気持ちのいい配布の仕方をしているのに関わらず、
もう一方のスタッフBは、とても機嫌が悪そうに手渡しをしていた場合です。
 
ティッシュを受け取った消費者は、スタッフBよりも、スタッフAに対して、好印象持つことでしょう。
このように、ポケットティッシュを無料配布するスタッフの表情や仕草によっても、
宣伝効果は大きく異なる場合がある
のです。
 
また、企業の宣伝効果を上げるためには、どのような宣伝広告を
ポケットティッシュのラベルに記載するかが重要です。
ポケットティッシュを受け取った方が、宣伝広告にすぐ目を留めてくれるかどうかは、
配り方によって大きく左右されると言っても過言ではありません。
 
1-2.配り方によっては短時間で配布が完了する
販促用のアイテムに多いアイテムに、ハガキやチラシなどがありますが、
その次に人気の高い販促用アイテムといえばポケットティッシュです。
ポケットティッシュは、比較的コストを抑えつつも「高い効果が得られる」ことが大きな魅力です。
 
ポケットティッシュを発注するにあたり、コストは発生します。
しかし、企業によってはポケットティッシュを配布するスタッフを、企業の販促担当者の中から抜擢したり、
企業側が直接雇ったアルバイトスタッフにお願いしたりと、できるだけ人件費を減らしています。
 
もちろん最低限の人件費は発生しますが、ポケットティッシュはハガキやチラシなどに比べて、
人に受け取ってもらいやすいことから、配布時間にそれほど時間を掛けることはありません。
そのため、「配り方によっては短時間で配布が完了する」という結果を導き出すことができるのです。
 
ポケットティッシュを配布する方の工夫によっては、短時間で配り終えることもできますし、
配布ポイントを知らないでいると、それだけ全てを配布し終えるまでに
時間が掛かってしまう可能性があるといえるでしょう。
 
1-3.一人でも二人でも収益が得られる
企業の販促計画によっては、数千個から数万個といった量のポケットティッシュを配布することがあります。
大量の数のポケットティッシュを配ることで、どの位の効果が得られるかは、
事前に計算しておかなければなりません。
 
ポケットティッシュを配る企業の中には、会費制で利用者を獲得するような
スポーツジムやエステサロンなどがあります。
この場合は、入会費が無料であることを宣伝文句に、ポケットティッシュを配布することができれば、
十人のうち一人、数百人のうち一人か二人は店舗に訪れて入会してくれるかもしれません。
 
ポケットティッシュを製作するには、それなりの費用が掛かります。
しかし、配布の仕方を工夫することで、会員数が増え、ポケットティッシュの製作にかかった費用を、
入会費や月会費、サービス料金、利用料などで補うことができるのです。
 
無料のポケットティッシュを配布するにあたり、どれだけ工夫を凝らすことができるかによっては、
これまで以上の収益を得られる可能性が高くなる
といえるのです。

ティッシュ 広告

ティッシュ 作成

ポケットティッシュ 作る

オリジナルティッシュ 作成

ノベルティティッシュ